-

クレカを契約失効ことだけならば全くもって易しいことに違いありませんが、契約解除する手続きを行う前に考えておきたいいくつかの留意点に関してもわかっておくと、クレジットの機能停止も少しの手間で終わらせることが出来るようになるでしょう。ポイントを列挙してまとめさせて頂きましたからぜひとも、気をつけて頂ければ幸いです。カード会社発行を終わらせた後半年も経たず即座に機能停止するのは御法度》クレジットカード加入したそのあと間髪入れず手にしたカードを機能停止した場合信頼できない人間という具合にカード会社において処理されるなどということがあり得ます(まずないでしょうが立て続けに手続き⇒機能停止をしてしまったというとき)。特に入会プレゼントを得る目的である契約の場合、ギフト券あるいはサービス・ポイントなどという加入時の優待権を享受したから直ちにカード無効化が行いたくなる意向ももっともですが、当事者サイドの思考法から推し量ってみればそのような顧客に対しては一切自社の用意するクレジットカードを保有されて無用な損失を出したくないなどというように結論を出すくらいのことがあっても当然。なので、申請時の特別待遇だけを目当てにクレジットカードという代物を作成したとしても即失効しないで最小でも6ヶ月、可能であれば1年にわたってそのクレジットカード自体を所持し続けて登録解除はその後に行うというような工夫をお薦めしたいと思います。一方で契約時のサービス・ポイントということにとどまらず何の気なしに手続きをして財布に入れてはみたとは言え使いにくいのでなどと考えてしまう様な場合、最少でも発行してから六ヶ月経つ間は財布の中のクレカを保有するようにして欲しい。カードをもらう側が考えるよりもクレカという品物を始めから用意するときの経費や手間は発生するものなので、ちょっとでも楽をさせてあげよう・・・という具合に思いやって下さることが出来ればクレジット会社も助かると考えれます